Disabling cut, copy, paste, right click and context menu using Javascript

パナホームの少数株主は、パナソニックの株式との株式交換によって正当な対価
をもらえません

パナソニック株式会社(6752東証一部)は、パナホーム株式会社(1924東証一部)の株式54%を保有しており、もし2017年6月に予定されているパナホーム株主総会において、株式交換が承認された場合、その後8月1日にあなたが保有しているパナホーム株式1株に対して、パナソニック株式0.8株を割当交付することでパナホームはパナソニックの100%子会社となります。

このパナソニックによる提案は、あなたが保有するパナホーム株式を、その公正価値の50%以下に過小評価したものです。これは、あなたの株主としての権利が侵害されることを意味します。

今こそ、少数株主は立ち上がり、株主としての公正に扱うよう主張すべき時です。これこそは、安倍内閣が成長戦略として掲げるコーポレートガバナンス・コードのもとで、初めて少数株主を公正に扱えるかどうかの大きな試金石と言えるでしょう。

あなたが自分の権利を守るために出来ることを見つけましょう

               なぜあなたが注意を払うべきか

               なぜあなたが注意を払うべきか

           オアシスとパナホームの対話の経緯

           オアシスとパナホームの対話の経緯

       日本のコーポレートガバナンス

       日本のコーポレートガバナンス

                     関連ニュース

                     関連ニュース

                     行動を起こす

                     行動を起こす

      パナホームをいっしょに守りましょう

      パナホームをいっしょに守りましょう

 特別委員会や、独立取締役への少数株主のアクセス

 特別委員会や、独立取締役への少数株主のアクセス

                       企業価値に対する見                            

                       企業価値に対する見